吸える場所が多い!

電子タバコが使いやすいワケ

本物のタバコと比べ、電子タバコならではの優位性もあり、それが吸える場所の多さに繋がっています。まず不快に感じさせるニオイがないことです。煙に見えるものは水蒸気で、ほとんどニオイがありません。タバコを例えばリビングで吸うと、家族の迷惑になったり空気が汚れたりしますが、電子タバコはそのリスクがなく許容してもらいやすいのではないでしょうか。有害物質がないのも使い勝手の良い理由です。ニコチンやタールなどの、害ある物質を含んでいるのが本物のタバコが嫌がられる要因ですが、かたや電子タバコはこれらの物質を含んでいません。副流煙によって周囲の健康を害してしまうリスクが低く、比較的場所を問わず吸うことができるのです。

電子タバコにも注意点が!

使用に際しての注意点もあり、ひとつは誤解をされる可能性があることです。電子タバコだから迷惑にはなっていないと思っても、周囲の人からすれば本物のタバコを吸っているように見えることがあります。例えば、路上の喫煙禁止エリアで吸っていると、注意をされてしまう可能性も考えられますし、誤解をされる行為はトラブルの元ですので控えるのがベターでしょう。害がないからと、どこでも吸えるワケではないことも理解しておかなければいけません。喫煙禁止の飲食店も増えていますが、そうした中、電子タバコはタバコではないからと安易に吸ってしまうのは厳禁です。紛らわしいだけでなく、タバコグッズを使用すること自体が禁止されていることもありますので、しっかりとマナーを守って楽しむことが大切ですよ。