リキッドを補充してい使うリキッド式電子タバコ!

出費を低く抑えることができるのが利点

電子タバコは様々なメーカー販売していますが、中でもタバコの風味を持つリキッドを電熱器に直接注入するタイプの製品は安価で購入できるメリットがあります。電子タバコはタバコの風味を封入したカートリッジ、それを加熱する電熱器という組み合わせで売られている物が一般的です。電熱器は高額ですが何度も使用できるのに対し、カートリッジは封入されている成分を使い切ったら廃棄します。カートリッジは決して安くは無いので、何度も購入を繰り返すと結構な出費です。それに対してリキッド液を注入するタイプの電子タバコはカートリッジを使いません。そのため、カートリッジの製造コスト分の価格上乗せが無く、安価で購入することができるのです。

リキッド式特有の欠点を把握することが大切

リキッド液を注入する電子タバコは維持費が安いのがメリットです。長く愛用する人にとって支出が低く抑えられるのは嬉しい点ですが、その一方でリキッド式の電子タバコは注入した分のリキッド液を使い切らないと、新しい風味のリキッド液を注入できない欠点があります。カートリッジ式の電子タバコは維持費が嵩みますが、異なる風味のカートリッジを気分で使い分けることが可能です。一つの風味に飽きたら別の風味の製品と交換することができます。しかも、カートリッジは日光や空気中の湿気を遮断するので封入された成分が劣化することは殆どありません。使いかけのカートリッジでも新品とほぼ同様の品質が保たれています。リキッド式とカートリッジ式はそれぞれに長所と短所があるので、好みや金銭面を考慮して選ぶのが長く使い続けるための心得です。